過去活動レポート

Past Report

【H26年度生】三大学シンポジウムで学生がプログラムの成果を発表しました。

新田作畑チームが地元でふれあい協議会に参加

3年間にわたって行われたCPプログラムのクロージングイベントです

12月10日に新田作畑地区の秀宝館にて地元でふれあい協議会が開催されました。

3年間にわたるCPプログラムのクロージングとして地元の方とワークショップを行いました。

報告会ではなくワークショップを!

CP3年間の集大成にと、地元でふれあい協議会の方が、協議会の時間となる2時間を学生のために空けてくれました。報告会として利用させて頂いていた時間ですが、学生から地元の方とワークショップをしたいとの提案があがり、そのための準備を学生たちは行うことになりました。

当日は、司会も各グループのファシリテーターも学生です。

まずは1年間のイベントの振り返りを行いました。

 

プログラムの振り返りを行う学生

次に4つに分かれてのグループワークです。ここで、嬉しい誤算がありました。地元の方々からのご意見がどんどん出てくるのです。今までの振り返りと共に、新しいアイデアもたくさんありました。

たくさん出てきた意見

たくさん出てきた意見

各グループからの発表の後、来年度のイベント内容を具体的にしていきました。

あるイベントについては宿泊型にする、あるイベントについてはやめてみる、あるイベントはもっと内容を面白くする。参加者とともに視察イベントを行ってはどうかなども案がでました。

来年度のツアーイベントがある程度決めることが出来ました。

 

最後にお世話になった学生からのお礼の言葉です。

一人ひとりが自分の言葉で地域の方々への感謝の言葉を述べました。できるなら、これからも関わっていきたいという言葉もありました。

地域の皆さんに温かく迎えて頂き、最後に素敵なワークショップになりました。

新田・作畑地区の皆さん、3年間本当にありがとうございました。

学生から地域の方へのお礼の言葉

学生から地域の方へのお礼の言葉

意見交換会の様子