活動レポート

Report

第5回目の授業を実施しました。

第5回(6月10日)は、地域資源マネジメント研究科の山室敦嗣先生と、同研究科の松原典孝先生の、2名の先生に授業を担当いただきました。

前半は、「地域資源マネジメントとしての『コウノトリの野生復帰』」というテーマで、山室先生に授業を担当いただきました。ここでは、コウノトリ“も”棲める地域づくりの歴史と現状や、官・民・学の連携によるさまざまな取り組みについてご説明いただきました。グループワークでは、「コウノトリ野生復帰に関心のない人に関心をもってもらうにはどうしたらいいか」というテーマのもと班の中で話し合い、まとめた意見を全体に向けて発表しました。

後半は、「ジオパークと地域資源 ~地球と人の共生~」というテーマで、松原先生に授業を担当いただきました。ここでは、地球のいろいろな活動を記憶し、地球の公園ともいわれる「ジオパーク」について、ジオパーク活動を通じてみえてくる、地域資源マネジメントの重要なポイントをご説明いただきました。グループワークでは、「地球の仕組みや美しさをもっと多くの人に学び、楽しんでもらうためにはどうしたらよいですか?」というテーマのもと、前半同様に班の中で話し合い、まとめた意見を全体に向けて発表しました。

発表のなかで挙がった「SNSを用いた広報活動」に関しては、より多くの人に知ってもらうためにも、“みなさん自身”が豊岡に訪れ、遊んだり体験したりして感じた内容を、自分の身近な人に向けて発信してもらいたい、との講評がありました。