活動レポート

Report

FW基礎技術演習2(地域と暮らし:淡路)の第1回目授業を行いました。

FW基礎技術演習2(地域と暮らし:淡路)の授業を行いました。

 

淡路は11月に3日間の集中講義で、淡路島の持続可能な竹林管理の仕組みや竹の利活用などを竹伐採の作業や竹林管理を行っている方へのインタビューを通して考えていきます。

 

第1回目を11月9日に実施しました。
1回生は初めての淡路キャンパスへ!淡路島が初めての学生もいました。

緑環境景観マネジメント研究科の藤原先生より、現在の淡路島の課題や竹林・竹についての基礎知識、竹の資源化についての取り組みをご紹介いただきました。

淡路島の地形や自然についての説明をいただきながら、研究科の周辺を散策しました。
実際に研究科でフィールドにしている竹林を見て、2種類の竹についても学びました。

 

午後からは、淡路県民局の方から「あわじ環境未来島構想」についてご説明いただき、現在淡路島で行われている環境問題への取り組みをご紹介いただきました。

さらに、研究科の楊さんから、淡路島北部における生業文化を活かしたエコミュージアムの創出という研究について説明していただきました。
また、地域の方向けに実施した「チリメンモンスター」の企画を聞き、淡路島の地域資源の活用について楽しく学びました。

 

次回は、実際に竹林管理を行っている地域団体さんに
竹の伐採作業や竹細工についてご指導いただき、インタビューに挑戦です!