活動レポート

Report

FW基礎技術演習2(地域と暮らし:宝塚)の第3回目の授業を行いました。

FW基礎技術演習2(宝塚)の最終回の授業を12月15日に行いました。

 

最後の授業は、前回の授業でテーマごとにチームで行ったイベント参加やインタビューの内容をまとめて、報告を行いました。

 

①女性起業家
宝塚市の起業家支援制度の調査と、宝塚で起業する理由や起業経験を通じて得られたこと、女性としての経験が仕事にどのように生きるかといったインタビュー内容を基に起業家支援制度の改善案を考えました。

 

②震災イベント
「生」の石積みプロジェクト参加、主催者・参加者へのインタビューの結果をもとにプレゼンを行いました。プロジェクトの実施背景や、主催者へのインタビューを通じて資金厚めや宣伝の難しさと行う意味をきちんと聞き取れていたと思います。

 

③シニアの地域デビュー
づか塾の運営面の調査と、料理教室の時間を通してインタビューした内容をしかりまとめ、参加者のづか塾への意見まで聞くことができていました。
一緒に調理をして打ち解けたからこそ聞けることをインタビューできていたと思います。

 

④文化政策
宝塚市文化財団、奥田達郎建築舎、手工芸協会、にしたに里山ラボの方々にインタビューし、それぞれの団体がめざすもの、ニーズ、課題をしっかり聞き取っていました。ターゲットの年齢別にPR方法を変えるなど具体的なPR改善案を提案していました。

 

学生達にとって、地域での活動に入ってみて、インタビューするという経験は初めての経験ではありましたが、チームで協力して取り組めていました。

学生達のプレゼンを見て、この経験は来年の地域プロジェクト実践論・演習の授業にきっと生かせると思いました。