履修生の声

Voice

松本萌香さん(経営学部4回生)

なぜCPプログラムに入ったのですか?

受講理由は3つあります。1つ目は、親に授業料を払ってもらっているので、自ら積極的に授業を受けていきたいと思っていたところCPプログラムという3年間を通して実践的に学ぶことがあるプログラムを見つけたことです。2つ目は、受講し学んだことを、就職活動の際に活かせるのではないかと思ったからです。3つ目は、単純にコミュニティープランナーという言葉がカッコよくて魅力的に感じたからです。

CPプログラムに入って、印象に残ったことを教えてください。

1年生の時には、机上の空論を述べてた気がしますが、学年を経るごとに、地域がおかれている現状を知る機会が増えたことと、地域の方との会話の中で考え方がブラッシュアップされていき、3年生では”実際に”愛染祭で水もちを復活させることが出来たということが印象的でした。地域の方も学生の意見を好意的に受け入れてくださり、私達の考え方に耳を傾けてくださったことに感動しました。

今後の夢や目標、将来のビジョンを教えてください。

CPプログラムを通して、兵庫県の役に立ちたいと思うようになりました。就職先も兵庫県に内定をいただきました。CPで学んだことを活かしてよりよい町づくりに貢献していきたいと思います。

これからCPプログラムにチャレンジしようと考える後輩へのメッセージをお聞かせください。

CPプログラムでは、座学では経験することのできないことを学ぶことができます。経験を基に就職活動も上手く進む可能性もあります。大学の講義やサークル、アルバイトのほかに、なにかやってみたいと少しでも思うならば、このプログラムに参加してみてはどうでしょうか?価値観がいい方向に変わると思います。